認知度NO1バイアグラ

一番最初のED治療薬と言えば「バイアグラ」です。認知度としてはかなり有名なのでおおよその方はバイアグラをご存じかと思います。たた、バイアグラを飲んだからといって勃起するわけではないのでお忘れなく・・・ではバイアグラについて説明していきます。

ED治療薬バイアグラを使用する方法

バイアグラは、1998年にアメリカ合衆国で販売が開始されたsildenafilという治療薬の商標で、日本では翌1999年の1月に厚生労働省に承認されて、3月から販売がスタートしています。臨床試験を行わずにアメリカの承認データのみによるスピード審査によるもので、かなり異例という事で一部で物議を醸すことになります。ただし、当時は世界中で一大センセーションを引き起こしており、社会問題化したのは日本だけではありません。基本的には、それだけ大きな期待がもたれていたという事の証です。
なお、夢の治療薬とも表現されるバイアグラですが、元々は狭心症の治療薬として開発されたもので、作用機序についてはnitroglycerinなどの硝酸塩系薬剤と同様です。つまり、体内の特定の酵素の酵素活性を阻害して、血管を拡張させるという内容です。これにより、血流の量が増加する事により、血圧を下げるという事を目的としています。ところが、バイアグラが作用したのは勃起を阻害していた酵素であり、これの活性を抑制する事により、男性性器周辺の血管が拡張し、性的な刺激をきっかけとして勃起できる状態が数時間続くという効果が発揮されます。
ただし、バイアグラによる効果は、あくまでも有効成分が体内に存在している時だけで、蓄積させる事は出来ません。また、連続して使用したとしても精力が増強する様な作用もありません。これは、オットセイやマムシなどの精力剤とは根本的に違うからで、精力を増強する様な効果はありません。なお、服用後30分から1時間で効果があらわれてくるので、プレイの時間から逆算しての使用が適当となります。また、食事の影響を受けやすいので、空腹時の使用を推奨されています。