認知度NO1バイアグラ

一番最初のED治療薬と言えば「バイアグラ」です。認知度としてはかなり有名なのでおおよその方はバイアグラをご存じかと思います。たた、バイアグラを飲んだからといって勃起するわけではないのでお忘れなく・・・ではバイアグラについて説明していきます。

バイアグラは勃起障害の状態を克服と練習について

バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルであり、この成分がED治療薬に役立てることが出来ると言います。
EDと言うのは勃起障害や勃起不全と言う意味であり、簡単に言えば性的興奮を受けても男性器がそのままの状態で硬くならない症状をEDや勃起障害もしくは勃起不全と言われています。
尚、バイアグラの主成分は服用することで、男性器に存在している環状GMPを分解する酵素をブロックさせて勃起の状態に導いてくれる作用が在ります。
しかし、注意が必要な事は、バイアグラを服用すれば勃起の状態になると言う事ではなく、そこで性的興奮を受ける事が必要になります。
そのため、練習と言う事で服用を行っても性的興奮が無ければ勃起の状態になる事は無いため、バイアグラを服用していきなり股間が大きくなると言う事は無いので安心して使用することが出来ます。
因みに、勃起障害を持たない一般男性の場合は、性的興奮を受けると神経伝達物質の酸化窒素が急激に放出されるようになります。
酸化窒素は環状GMPと言われている化学物質を放出させ、勃起性組織の中に在る血管壁を構成する筋肉、即ち、平滑筋細胞を膨張させることで勃起の状態に導くと言うメカニズムが在ります。
バイアグラの場合は、性的興奮を受ける事で環状GMPを分解する酵素をブロックし、勃起性組織内の平滑筋細胞を膨張させて勃起の状態に導くと言うメカニズムでもあり、在る程度膨張した段階でバイアグラの有効成分により、血流を高めて勃起障害の状態を治療すると言う役割を持ちます。
因みに、バイアグラは空腹時に服用することが大切であり、性行為の30分までから90分前に服用をすることで、勃起障害の状態を克服して性行為が可能になると言われています。